アルバイト先でも怖くない!失敗したときの上手な叱られ方

働き方の知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト先で叱られたときってどうすればいいの?

できることならアルバイト先での人間関係はうまくやりたいものです。特にアルバイトとして入った当初は気を遣うことも多いでしょう。

実は人間関係をうまくやるコツは上手な叱られ方を知っておくことです。あなたも叱られ上手になって上司や先輩と良好な関係を築きましょう。

叱られたときは距離を相手との距離を縮めるチャンス。うまく有効活用すればマイナス評価をプラス評価にひっくり返すことだってできるのです。

素直に相手の言い分を聞こう

上手な叱られ方を考える前に、やってはいけない叱られ方を紹介します。

叱られているときにやってはいけないのは、相手の言い分を否定して自分を正当化すること。叱れているとき、必ずしも自分だけが悪いわけではないこともあるでしょう。そんなときであってもまずは自分の失敗を認めて、相手の話を聞いてください。

叱られているときは反論せずに、素直に相手の言うことを受け止めて謝罪に徹するのがベストです。

反省していることは態度であらわす

自分が反省しているつもりであっても相手に伝わっていなければ意味がありません。叱られているときに軽い態度を取ると、真剣味を疑われ社会人として意識が低いとみなされることもあります。

相づちを打つときも、「はい」、「わかりました」と真剣な面持ちで頷きましょう。とくに相手が重要なことを伝えているときは目をしっかりと見据えて話を理解しているということを伝えます。

次につなげる意思を表明する

人が誰かを叱るとき、何を望んで叱っているのでしょうか?それは叱った相手の成長です。

叱られたという事実はそれだけでは終わりません。それ以降の仕事につなげていかなければいけません。叱った相手が、叱ったことをきっかけにより大きな成長を遂げたとしたらそれは叱り甲斐があるというものです。

そのため次にどのように仕事に続けていくか言葉にして表現しましょう。「次はこの点を改善して取り組みます」、「これからはご指導を参考に仕事をします」など次に活かせる言葉を組み入れましょう。

叱られたことを教訓に成長したところが見られれば、叱った方も気持ちがいいはずです。相手が自分を叱ってくれるというのは、自分のために時間や手間をかけてくれるということ。成長するチャンスを与えてくれたのだと認識して最後には感謝の言葉を伝えてください。

上手な叱られ方のコツは叱られている最中と、叱られたその後仕事にあるのです。

タイトルとURLをコピーしました