お金が必要になった!1日だけスポットで働く日雇いのアルバイトの仕組み

働き方の知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

すぐに働くことができる日雇いのアルバイト

アルバイトにはいろいろな雇用形態があります。私たちがよく目にするコンビニや飲食店のアルバイトは基本的に長期契約。多くはシフト制で決まった日時に働きます。

それに対してスポットで働くことができるのが日雇いのアルバイトです。1日だけ働いて収入を得ることができます。

長期契約のアルバイトは定期収入が期待されるかわりに時間が拘束されます。一方日雇いのアルバイトであれば働きたいときにだけ働くことができるのです。

旅行や恋人へのプレゼントなど目標額を稼ぎたいというときにも日雇いのアルバイトが向いています。働いた当日のお金を受け取ることができる即日払いの日雇いアルバイトなら、急に入用になったときにも助かりますね。

日雇いのアルバイトが働く流れ

日雇いのアルバイトは求人情報誌や求人サイトで募集されています。求人サイトの場合は短期、単発と指定して検索できることが多いようです。日雇いのアルバイトであっても事前の登録が必要なこともあります。

すぐに働きたい!という人には面接や履歴書無しで即採用のアルバイトもあるので探してみてください。お金がすぐに必要だという人は給料の支払い方法も確認した方がいいでしょう。

日払いと言われた場合でも、すぐに現金でお金を受け取ることができるわけではありません。日払いとは働いた1日に対して日給計算で給料が支払われるという意味です。多くの場合は指定日に給料が振り込まれます。

すぐにお金が必要なひとは即日払いや即日即金のアルバイトを探しましょう。当日給料を受け取るときは印鑑が必要です。忘れずに持参しましょう。

ライフスタイルで働き方を選ぶ

待遇にも日雇いのアルバイトと長期アルバイトの違いはあらわれます。例えば雇用保険。雇用保険に加入できる条件の1つが31日以上雇用されて、1週間に20時間以上働くことです。

健康保険も労働日数が少ないと加入不可。その日ごとに雇用される日雇いアルバイトは雇用保険や健康保険に加入できません。これだけ聞くと日雇いのアルバイトが不利なように聞こえるかもしれません。しかし、雇用保険や健康保険の保険料は受け取る給料から差し引かれます。

今お金が欲しい!と考えて働いている人には、手取り金額が減るよりもいいと考えることができます。

待遇面での改善を求めるのであれば日雇い派遣と言う働き方もあります。これは派遣会社と契約して職場に派遣される仕組み。原則禁止されていますが、例外的に一部の業種で認められています。

スポットで働くメリットは働きたいときにだけ働けること。いろいろな働き方があります。自分の生活や、アルバイトに求めていることに合わせて働き方を選択しましましょう。

タイトルとURLをコピーしました