アルバイトの中でも危険で大変なイメージのある警備員バイト

働き方の知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

実はメリットの多い警備員バイト

定番のアルバイトとして警備員バイトがありますが、これに対してどういったイメージを持っているでしょうか。中には「何があるか分からないから危険」、「体力勝負で大変そう」などのイメージを持つ方もいることでしょう。も

ちろん、警備員のアルバイトには大変な部分もありますが、メリットも豊富にあるのです。

警備員バイトに仕事内容とは

警備員のアルバイトはさまざまな種類があります。最も多いのは工事現場や駐車場での交通誘導でしょう。これは車や人の流れをコントロールして、事故や渋滞を防ぐという役割があります。

工事現場では雨でも夜間でも仕事をしなければなりませんので、非常にハードな仕事と言えるでしょう。

また、駐車場の警備員は休日や行楽シーズンなど、多くの人が買い物に出る時期に仕事をしなければなりません。時には炎天下で誘導をしなければならないこともあります。

そのほかの警備員バイトとして、イベント会場やコンサート会場の警備です。こういった場面での警備は人の流れをスムーズにするだけでなく、道に迷って方の誘導などもしなければなりません。そのため、コミュニケーションスキルも求められます。

また、ショッピングモールやアミューズメントパークなどの警備もあります。こういった施設警備は事故や火災、犯罪を防ぐだけでなく、不審者や不審物のチェックも行わなければなりません。閉店後には施錠確認も行います。

警備員バイトのメリット

軽便のアルバイトは危険で大変なイメージがありますが、メリットも豊富にあります。警備員のアルバイトは勤務日を比較的自由に決めることが出来るので、サークル活動に忙しい大学生におすすめです。

さらに、社会人のダブルワークにも向いているでしょう。普段サラリーマンとして働いている方も、空いた時間を利用して働くことが出来るのです。

さらに、警備員のアルバイトは日払いや週払いがほとんどですので、すぐに現金が必要な方にもおすすめです。

そのほかに警備業務検定や警備員指導教育責任者講習を受けて、キャリアアップをすることが出来ます。資格取得を目指しても良いでしょう。

警備員バイトの大変な部分

警備員のアルバイトはハードな部分も数多くあります。特に常に立ち仕事という部分は大変でしょう。特に屋外ですと季節によって気温は大きく変化します。

さらに、雨や雪が降っても仕事をしなければなりません。そのため、アルバイトの中でもハードな部類に入ります。

さらに、天候があまりに悪くなってしまうと、工事現場などは仕事が出来ません。そのため、勤務時間や出勤日数が減少して収入も下がってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました