アルバイトで身に着けたスキルで面接を有利に

採用・面接
スポンサーリンク

アルバイトで身に着けたスキルは就活の面接を有利にします。それではアルバイトではどのようなスキルが身につくのでしょうか。

まず飲食店の接客業の場合は強い精神力やクレームの処理能力が付きます。
強い精神力が身につくと面接の時に極度に緊張することはありません。多少緊張することは仕方ありませんが、極度の緊張により自分の言いたいことが言えなくなったり100パーセントの力が出せなくなることもあるのです。
その点強いメンタルを持っていれば面接も軽々クリアです。

また面接では質問が当たり前ですがたまに予想外の質問が出ることがあり、事前に用意した答えしか言えない人にとってはかなりのマイナスになります。
予想外の質問にはきちんと答えられないからです。これで面接官は臨機応変能力がないとみなします。

しかしクレーム処理のスキルのある人であれば予想外のお客のクレームにも対応してきた実績があるのでうろたえることなくスムーズに答えられるでしょう。
これで面接官の心象も良くなります。

あと過去に塾の講師や家庭教師、宣伝などのアルバイトしてきた人にも魅力的な身につくスキルがあります。それは自分をアピールする能力です。
面接の場では必ず自分をアピールしなければいけません。しかもそれは他の人にわかるようにしなければいけませんが、塾の講師をしてきた人なら学生に対してわかりやすく説明するスキルがあるのでスムーズにできるでしょう。

宣伝のアルバイトをしてきた人でも同じことが言えます。宣伝のバイトも商品の売りを説明しなければいけませんが、興味を持たせるスキルは面接では役立ちます。
自分の持っている特技があまり大したことが無かったり学歴にコンプレックスがあったとしても自分という商品をよりよく見せられれば採用される確率は格段にアップします。

しかしこれらのアルバイトでなければ面接に有利にならないというわけではありません。基本的にはどのようなアルバイトでも役立ちます。社会性は身についていますので敬語も正しく使えるようになりますし、人の言うことをきちんと聞く能力も身につくでしょう。

人と接しないアルバイトでも同じことが言えます。
過去にしてきたアルバイトそのものが面接官の目に留まることは結構ありますが、清廉性のないバイトでなければどのバイトでも経験として評価されるでしょう。
これから就活をしたい方はアルバイトによって面接の下地を作っておくのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました