大学生にふさわしいわりのいいアルバイト

働き方の知識
スポンサーリンク

大学生の場合、大学の授業や講義、ゼミを優先して行動することが求められます。しかし、大学生活は、特に親元を離れて一人暮らしをしている場合には様々な費用の負担が余分にかかります。

入学金や授業料だけでなく、日々の生活に必要な住居費や光熱水費なども欠かすことができません。それらの負担を少しでも補うためにアルバイトが必要になります。社会経験を積む上でもアルバイトの果たす役割はそれなりにあります。

したがってそうした学生の行動や適性に合わせたアルバイトを探す必要があります。アルバイトに合わせて学業の方を犠牲にすることはどんな場合でも行うことは本末転倒になってしまいます。

したがって、そうした事情に合わせたアルバイトの選別方法が必要になります。特に深夜の労働や長時間の労働は、ある程度わきまえないと日常の昼間の学業の活動に支障を及ぼしかねません。

それから、学生にふさわしくない労働内容の職場も避けるべきです。こういった点を考えると、学生にふさわしいアルバイトをいくつかあげることができます。

まず大学生向けのひとつはコンビニエンスストアやスーパー、デパートなどの店頭での販売員です。これらはある程度時間を制限したパートタイムの労働が可能です。したがって学業の空きコマに合わせてアルバイトをすることが可能になります。しかも試験時期などどうしても休めないときにはローテーションを組み直してもらえる融通や調整がきく所が望ましいです。こういった点は面接のときに遠慮なく聞いてみるべきです。

それから、事務所の事務補助や雑務にあたる仕事です。こういった仕事はいずれ関連する国家資格などをとる際にとても参考になります。

そして学生の学業を生かすうえで、学習塾の講師や家庭教師があります。これらは時給単価が高く、時間もそれほど長時間になることは少ないです。

これまで自分が行ってきた学習方法や手法を身につけてきた経験が役に立つこともあります。しかもある程度大学の試験時期などに融通がつき易い点も魅力です。そのかわりに生徒たちの試験時期が近づくと忙しくなる場合もあることは承知しておかねばなりません。

もちろん家庭教師や学習塾の講師についてはそのアルバイトをする上である程度その教科に関する知識や教え方についてある程度自信を持って教えることができる能力も必要になるでしょう。

いくつかアルバイトを経験していくと、どういった仕事が自分に向いているか、適性などが見えてくると考えます。若いうちはある程度融通も利きますから果敢に様々な仕事にチャレンジしてみるのも可能性を広げる上でプラスになります。

タイトルとURLをコピーしました