アルバイトの初出勤時間は余裕を持って到着するのがベスト

採用・面接
スポンサーリンク

新しいアルバイトの採用が決まって初出勤の日は仕事を始める上で一番大切な日なので、気持ちを引き締めて出かけることが大切です。面接や採用担当者以外の社員と会ったりほかのバイト社員に紹介されたり、何もかもが新しいので覚えることもたくさんあります。初日の初出勤時間は何分前に到着するように担当者から事前に指示があればそれに従って着くように家を出ます。特に時間を指定されなければ社内規定に定められている時間内に到着すれば問題ありませんが、初日はいろいろ迷うこともあるのでなるべく早く着くように余裕を持って行動するのがベストです。

バイト先までの交通手段や道路状況などで電車の遅れや渋滞など思わぬトラブルに巻き込まれてしまうと大変で、法的には自分に責任がなくても初日から遅刻するのは気分的によくありません。万が一のケースを考えて早すぎると思うくらいゆっくりとプランを立てて出かけたほうが確実です。初日はユニフォームを支給されて着替え方を覚えたり、更衣室の使い方やタイムカードの打ち方、名札の作成、書類の記入など面接や採用時の作業の続きのような手続きもあるので仕事の開始時間よりも早く到着して着替えなどを済ませ、時間通りにアルバイトの仕事を始められるようにする必要があります。最初だから着替えなどに時間がかかっても容認してくれる会社もたくさんありますが、自分から進んで早めに来れば第一印象がよくなり、アルバイトの同僚や社員から評価されるきっかけにもなります。

初出勤時間は何分前に来なければいけないという規定がある場合は絶対に遅れないように時間を守って行動しましょう。初日からいきなり遅刻をしたり時間ぎりぎりに到着するのは周囲にだらしない印象を与えてしまい、やる気のなさや信用性のなさをアピールすることになってしまうのでマイナスです。特に規定がなくても最低15分前くらいには到着するようにして、協調性や仕事への熱意を伝える姿勢を見せるように努力しましょう。面識のない社員やバイトの同僚にも笑顔でしっかりと挨拶をして、分からないことがあったら素直に聞いたり、自分から進んで声をかけたりしてなるべく早く職場に溶け込めるようにするのも大切です。初出勤の日は特に第一印象が決まってしまうので、遅刻したりだらしない服装で出かけたりするのは厳禁です。身だしなみを整えて万全の体調で仕事を始められるように時間に余裕を持って出勤しましょう。

タイトルとURLをコピーしました