アルバイトで同僚や上司に話しかけるコツとは?職場でのコミュニケーション

アルバイト 先輩 働き方の知識
スポンサーリンク

アルバイトを初めたばかりでは右も左もわからないことが多いです。なので、誰かに仕事のやり方を聞かなければ仕事を全く進めることが出来ないこともあります。

また教えてもらってもそのことを忘れてしまったり、再度確認したいこともあります。そういう時は先輩や上司に自分から話しかけて教えてもらう必要があります。

しかし、職場によってはかなり忙しいところもあり話しかけるタイミングがなかなかつかめないことがあります。話すタイミングもつかめずに仕事も進まないでは使えないアルバイトとして見られてしまうことになります。

気の利く職場では先輩や上司からいろいろと話しかけてくれて分からないことを解消していくことが出来ますが、実際のところそういった職場はほとんどないといって良いです。

スポンサーリンク

職場で上司や同僚に話しかけるコツ

自分でそういった問題に対処していく必要があります。先輩や上司に話しかける時にはやはりコツがあります。

悪いやり方で話しかけてしまうと先輩や上司からの評価が下がり丁寧に教えてもらえなくなることがあります。

先輩や上司に優しくされたい人は上手に話しかけるコツというのをまずは身につけると良いです。

一番良いのが休憩時間に話しかけて全部教えてもらうのが良いです。やはり、忙しくない時なら後輩から何か聞かれるというのは先輩としてはうれしいものなので、快く教えてくれる人は多いです。

その際にもやはり休憩時間に暇そうにしている人に話しかけるのが良いです。また話かける際にはお菓子など何か美味しいものを用意して話しかけると良いです。そうすると相手の気分もかなり良くなります。

職場でのコミュニケーションをうまく取るコツ

職場でコミュニケーションを上手くやる方法は自分と仲良くなれそうだと思う人には自分から積極的にいくことです。

何となく雰囲気で話しかけてほしくないと感じる人でも実は寂しさを持っていて話しかけてほしいと思っている場合があります。

そういう人と仲良くなれた場合、何でも教えてくれるようになるので仕事を楽に進めるようになります。

また人が集中しているのかそうでないのかをしっかり見て見極めることが大事です。誰でも集中している時に話しかけられるのは嫌だからです。

どうしても緊急の場合には強引に話しかけていく必要もあります。なるべく事前に対処しておきたいところですが、どうしても誰かに聞かなければいけない場合があります。

その問題を放置しておくと、後で大変なことになる場合は絶対に話しかけないといけないので時には強引さも必要です。

タイトルとURLをコピーしました