大学生がアルバイトをする事で得られる色々なメリット

未分類
スポンサーリンク

大学生は高校生とは違い、ほとんど社会人的な地位です。
そのため、大学進学を機会に実家を離れる若者も普通にいます。
実家から離れて一人暮らしをすれば、親元から解放され、自由なキャンパスライフが過ごせます。
アルバイトを始めれば、学費と生活費を自分で稼げますので、経済的に得する事になります。
親の仕送りをあてに出来ない方、あるいは両親に経済的な負担をかけたくない大学生はアルバイトを始めましょう。

またアルバイトを始める事で、得する点は他にもあります。
例えば、来たる将来の就職活動の際に、そのキャリアが役立ちます。
同じのような実力を持った全くの社会人経験がゼロな大学生と、アルバイト経験豊富な大学生、企業の採用担当者が選ぶのはほとんどの場合、後者です。

現代のアルバイトは、一昔前のお手伝いレベルの仕事内容ではありません。
大学生でも即戦力として現場を任されます。
飲食関係のお店は特に若い世代に重要なポストがまわってくる確率が高く、
学生バイトという立場ながら、実質的にアルバイトのリーダー役を勤める学生もいます。
また金銭の管理、店の戸締まり、品物の値段設定、新メニューの開発など、
ほとんど正社員並のお仕事内容が、学生の立場ながら携われますので、キャンパスライフと平行して社会人生活を先取り出来る利点があります。

当然、大学生の雇用を任された人事の採用担当者は、そういった豊富なキャリアを持つアルバイト経験者を優先的に雇用します。
若いながらも、アルバイトを通じて正社員並の労働と倫理観、職業意識の高さを学んでいる学生は、数多くの企業が欲しがる人材像です。
また学生の立場ながら部下を教育する経験にも、アルバイトを通して恵まれます。
後輩を育てるという経験を通じて、コミュニケーションスキルや経営のノウハウが実地で学べますので、テキストや大学のカリキュラムでは体験出来ない、リアルな実用的スキルが得られます。

またアルバイトのシフトが正社員並であれば、お給料の面でも当然得する事となります。
大学生の立場でも月々10万円、20万円の経済力を得る事は可能です。
月々、定期的な収入が入ってくる安心感がありますので、一人暮らしの家賃や光熱費をキチンと支払え、独立したライフスタイルがバイトによって維持出来ます。

そしてアルバイトには人脈を広げるメリットがあります。
バイト仲間が、最高の友達になった、あるいは恋人やガールフレンドになった、というケースも多く、出会いの場としても現在のバイト先は優れています。

タイトルとURLをコピーしました