アルバイト選びでは働くお店のこともしっかりチェックしましょう

働き方の知識
スポンサーリンク

アルバイト先を選ぶ際にはそれぞれの店舗が出す時給や勤務日数、勤務時間ばかりを基準に据えてしまいがちですが、これから働く先のことを考えるのであれば時給やシフトに関連する情報以外のこともしっかりチェックしておいた方が良いでしょう。

ではそこでどういった情報を見るべきなのかというと、重要なのは「これから自分が働くお店の様子」です。
例えば居酒屋で働くにしても例えばこだわりのある高級路線であればそれだけお金持ちのお客さんが来るでしょうから客層はかなり良いものになるとして予想できるでしょう。

しかし逆に大手のチェーン店などになると単価が低い店となりますから客層も悪いものになりがちです。
もちろん客層の良い悪いというのは人それぞれで観方が変わりますから、必ず単価が高い方がいい人ばかり来るというわけでもありません。

大学生のアルバイトからすれば年齢が近い学生さんが来やすい安価路線の居酒屋の方が働きやすく、また知り合いや友達も作り易いという側面があるでしょうし、逆に単価が高いために社会的地位の高い人と知り合える可能性があるという見方もできます。

そのため結局のところは自分がどういったお店で働きたいのかというビジョンを持つことが重要だということになってくるのですが、こうした客層のことを考えていないと、働いてからトラブルが発生してしまう可能性もあるのです。

例えばアルバイトを探している人の性格がどちらかというと内気で、じっくりと一つのことに向き合っていきたいと考えがちな人なのであれば、その人は単価が高く、多少サービスの提供に時間がかかってもしっかりとした品質があれば寛容に見てくれる顧客が多い店に行くべきです。

また、こうした単価が高いか安いかというのは少なからずそこで働いている人にも影響を与えるものです。
特に一つ一つの作業に時間をかけられない単価の安い店だとアルバイトに対してもてきぱきとした動きを求める、その動きが出来ない人は使えないやつとして見るしかないといった社員が多い傾向もあります。こういったことはアルバイト求人情報などにはほとんど載っていませんから、事前にしっかりと自分で考える必要があるのです。

ただ自分で考えていてもそれが正しいかどうかは判断できないことも多いでしょうから、もし気になる求人があったのであれば実際にそのお店などに足を運ぶのがベストです。
自分がお客様として店に入った際の対応が自分がアルバイトとして入った際の対応になるわけではありませんが、しっかり注意して見るとアルバイトとして働いている人がどのような姿かというのはおのずと見えてきます。

正社員と比べると辞めるのも簡単だとは言え、貴重な時間を無駄にしないためにもアルバイトの情報はしっかり自分で分析して考えるようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました