女性がアルバイトの働き方を選ぶメリット

働き方の知識
スポンサーリンク

アルバイトよりも就職したほうが、福利厚生や給料の面で優遇されるというのが一般的な認識です。
確かに就職すれば安定した収入が期待できますし、何かあった時にも安心度が高いです。

しかし、女性だとあえてアルバイトという働き方を選ぶ人も多いです。意外と知られていないのですが、アルバイトを選ぶ理由は、柔軟な働き方ができるからです。
アルバイトは単発、無期間など、様々なものがあります。副業として働いている人もいますし、スキルアップのために学業と併行して働いている人もいます。
アルバイトの募集は色々なところから出ているので、興味のある仕事を体験してみるというのにも使えます。

また、うまくいけばそのまま正規雇用してもらえる職場もあります。アルバイトをしばらく続けていて実力がついて、就職したくなったらそれに応じれば就職可能です。

今では女性が社会進出する時代になっていますが、それでもまだ女性は家庭を守るもの、という意識が根強いです。男性は外で働き、女性は家事や育児を担当するというのが一般的です。
男性にも育児休暇が認められるなどの措置はありますが、実際にはそれを利用している経済的余裕がないという声も多いです。

となると、女性は男性よりも結婚や出産を機に仕事から離れなければならなくなってきます。最初は仕事と家庭を両立させたいと思っていても、仕事内容や保育事情によってはそれが難しいこともあります。
その場合、正職ではなくアルバイトであれば、働く時間を融通してもらいやすいです。コンビニやスーパーなどのアルバイトであれば、シフト制で好きな時間に入ることができます。

就職してしまうと、時間を融通してもらうことは難しくなります。職場にもよりますが、1日8時間を上限として、朝から晩まで働かなければなりません。こうなると育児や家事と両立させるのは難しいです。

しかし、アルバイトであれば隙間時間を利用して働くことができます。子供を保育園に預けておいて2〜3時間だけ働いたり、夫が休みを取れる時だけ働いて稼ぐという方法も可能です。
再就職したいけれども、家庭との両立を考えると諦めなくてはならないという女性は多いですが、アルバイトであれば比較的働きやすくなります。

人手不足が問題になっている看護師や医師といった専門職では、積極的に女性を雇用するように働きかけています。アルバイトやパートとして雇って人員確保を目指しているところも少なくありません。

タイトルとURLをコピーしました