大学生がアルバイトとして働くメリット

未分類
スポンサーリンク

大学生になってアルバイトをはじめようと考える方は多いでしょう。大学生は、サークル活動などで忙しいでしょうが、アルバイトもいろいろな意味で有益です。

まず、一番のポイントは、当然ですが、お金を得られることです。昨今は、中年層の収入がなかなかあがりにくい傾向にあり、学費や下宿にかかるお金を全面的に親に頼るのが難しい人もでてきています。そのような学生にとっては、アルバイトでお金を得ることは、大学で学ぶことの必要条件となっている現状にあります。

ただ、アルバイトで働くメリットは、単にお金をもらえる、ということにとどまりません。それについて順に説明していきます。まず、第一に、大学生は、アルバイトをしない限り、お金を払ってサービスを受ける側の消費者です。消費者は神様ですから、立派な社会人が頭を下げて、大学生にお金を払ってもらいます。しかし、このような状況に慣れきってしまった人が、果たして大学を卒業してから社会で働くときに苦労しないでしょうか。アルバイトで働くことによって、お金をもらうために頭を下げる、という社会では当然のことを、身をもって学べるのです。これはきわめて貴重な経験です。

二点目のポイントとしては、お金をもらう、ということは、それなりの成果が求められ、責任も生じる、ということを実感できることでしょう。アルバイトでお金をもらう以上、その課せられた仕事をしっかりとしなければなりません。大学で単位をとらなくてはいけない、という強制力とは違った義務が生じているのです。お金をもらうために、しっかりと誠実に役目を果たす、という経験は、大学の学業やサークル活動では得られるものではありません。

そして、第三のポイントとしては、実際に大学を卒業してから社会で働く際の予行練習になる、ということです。上司に報告、連絡、相談することなど、基本手順は、アルバイトと社会人で共通する部分があります。この共通するコアな部分を、社会人になってから学ぶのではなく、大学生の時代に培っておくことは大きなアドバンテージになります。

四つ目のポイントとして、自分の働きたいと考えるフィールドでアルバイトを経験すれば、そのフィールドが自分に本当にあっているのかどうか、実際に社会人として働く前に確かめるチャンスが生じます。

以上のように、実際に経済活動に携わって、社会を身をもって感じることにより、学生としてではなく、社会人としての成長が期待されます。社会人としての自覚を持てるようになれば、就職活動などでも有利でしょう。

タイトルとURLをコピーしました