アルバイトの交通費支給の注意点

お金
スポンサーリンク

アルバイトを選ぶ時に気をつけなければいけないのは、交通費支給となっている場合です。
交通費支給と書いてあるので、全額支給だと思っていると、一日いくらまでという決まりがあるアルバイト先も多いです。

近くの人は問題ないですが、遠くから通っている人などは、交通費を自費で払う額が多くなり、せっかくもらった給料も交通費の支払いに多く使うことになります。
アルバイトを雇う雇い主は、法律で交通費を払う義務はなく雇い主の任意で支払われます。

交通費をあてにしていると、支給されない時は予定が狂うので、アルバイトをする前に交通費はいくらまで支給されるのか確認しておきましょう。
アルバイトに行くたびに切符を買っていると、急いでいる時など遅刻をしてしまうので定期券を購入するといいでしょう。

アルバイトでは定期券を購入できないと思っている人もいますが、アルバイトでも定期券を購入することができます。
定期券を購入する時の注意点ですが、定期券を購入すれば、交通費も安くなると思っている人もいますが、アルバイトに行く回数で損をすることもあるので、よく計算してから購入するようにしましょう。

定期券を購入した方が損をしてしまう場合は、回数券を購入するといいでしょう。
回数券ならまとめて購入すれば、何回分かお得になります。
アルバイト先では、初めに定期券を購入するように言われることもあります。
そういう所は、ひと月の交通費はすべて定期券の購入費用しか支払われないので、必ず定期券を購入しないと損をします。

最寄駅がいくつもある場合などは、一番定期券が安くなるルートを探すことも大事です。JRと私鉄を乗り継ぐ場合と、JRだけで行けるルートの両方ある場合は、JRだけのルートを利用すると定期券も安く購入できることが多いので、よく確認することが大事です。

学生の場合は通学に定期券を利用した方が、かなりお得になります。
アルバイト先が通学先の近くにあるならば、通学定期券を利用した方が、交通費もお得です。
ただし通学定期を使用していることを、しっかりアルバイト先に報告することが大事です。
報告しないで交通費をもらうと、不正受給になるのでばれるとあとでトラブルになります。

交通費が支給されないアルバイトの場合は、どんなに時給が高くても、遠くから通っていると給料から交通費を払うので、手取りが少なくなります。
アルバイトを探す場合は、交通費のことも考慮して探すといいでしょう。
交通費が支給されるか求人欄に書いていない場合は、面接で必ず聞くことが大事です。

タイトルとURLをコピーしました