アルバイトを契約期間内に辞めたい場合の注意点とは

働き方の知識
スポンサーリンク

飲食店やセレクトショップなどでアルバイトをしているうちに、労働条件に不満を感じるようになったり、人間関係に嫌気がさしたりすると、契約期間内であっても、辞めたくなってしまうものです。

しかし嫌になったからと言って、翌日から出社しなくなると、他の従業員に迷惑をかけることになるので、そのようなことだけはやめるようにしたいですね。

一般的に、雇用契約書などを交わしておらず、契約期間が定められていない場合は、退職する2週間前に勤務先に辞めることを届け出れば、認められるようになっています。

法律上ではこのように定められていますが、雇っていた側としては、たった2週間で新しい人材を見つけなければならないので、人手が足りないお店の場合は困る可能性があります。
ゆえに出来ることなら、辞めたい場合は2週間前ではなく、1か月ほど前に伝えておいた方が良いでしょう。
1か月もあれば、新しいアルバイトを採用したり、シフトに都合がつけられるので、勤務先にそれほど迷惑をかけなくて済みます。

すでに雇用契約書で契約期間を交わしていた場合でも、その期間が終了する前に辞めたいということを、2週間前に通知すれば、法律上は辞められるようになっています。ただしこれはやむを得ない事情がある場合に限られるので、働くのが嫌になったからなどといった、軽い理由では受理されないこともあります。

勤務先で面倒を起こしたくない場合の注意点は、2週間よりももっと早い段階で、退職を伝えておくことなので、ぎりぎりで言うのだけは絶対にやめましょう。
アルバイトに辞められると、勤務先はその人の代わりを急いで探さなければならなくなりますし、自分勝手な理由で、いきなり仕事に来なくなると、損害賠償を請求されることもあるので注意するようにしましょう。

アルバイトを辞めると、源泉徴収票や退職証明書を要求出来ますし、未払賃金などがあれば、請求し、7日以内に渡してもらうことが出来ます。
これは定められていることですが、中には守ってくれない会社もあるので、源泉徴収票や退職証明書をもらえなかったり、未払賃金を払ってくれない場合は、労働監督署へ通報するようにしてください。

契約期間内にアルバイトを辞めると、自分にも非があるように感じ、諦める方も多いですが、それでは損することになるので、労働監督署に相談することが大切です。
自分の都合でアルバイトを退職しなければならない場合でも、もらうものはもらえる権利がありますから、泣き寝入りだけはしないようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました