アルバイトとパートの給与で注意することって?

お金
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルバイト・パートを始めるまえに

これからアルバイトやパートを始める人が注意しなければいけないことがあります。それは給与額によって、税金の納税義務が発生したり扶養から外れたりすることになります。

稼げば稼いだだけ懐に入る金額が増えるかと思いきや、実は損をしてしまうケースがあるのです。アルバイトやパートを始めるときは、どれくらいの給与のなかで働くのが自分にとってもっともベストになるのか考えてみましょう。

103万円を超えると扶養から外れる

自分で生計を立てられない内は、誰かに扶養して貰っている状態です。一般的には親や配偶者です。

扶養している側からみた場合、扶養親族や配偶者がいる場合は自分にかかる税金が軽減される扶養控除や配偶者控除という仕組みがあります。これを受けるためには対象となる親族や配偶者の所得が38万円である必要があります。

ここでポイントなのは収入と所得がイコールにならないことです。収入から必要経費などを引いたものが所得です。アルバイトやパートの収入は給与によるものが一般的です。給与の場合は収入から給与所得控除を引くことができます。最低金額が65万円なので、年収103万円以内なら、扶養親族の対象となる所得38万円に収まります。

また、所得税を計算するさいに所得控除額38万円を引くことができるので、課税対象になる所得がゼロになります。103万円という数字は親などの扶養でいられて、自身の所得税を支払わないで済むボーダーラインになるのです。

収入を抑えたほうがお得なのか?

バイトやパートで得る給与を抑えて、年収103万円以下に調節する人は少なくありません。
自分の収入が増えても、家族全体の納税額が増えると損をしてしまうからです。

学生が扶養親族にいる場合、年収500万円くらいの家庭なら10万円くらい所得税が増えます。さらに収入を増やそうとすると、今度は社会保険の扶養の問題が出てきます。130万円以上の年収があると親や配偶者の社会保険の扶養から外れてしまい、自分で健康保険料を支払わなくてはいけなくなります。

配偶者の場合は、扶養に入っていれば厚生年金も扶養して貰えるので、130万円を超えると国民年金の保険料も支払うことになり負担額が大きくなります。

自分で社会保険料を払いながら損をしないためには、しっかり給与をもらい年収180万円くらいを目指すことになります。年収をどこで抑えるかは、今現在の家族全体の納税額などと比較しながら考えるのをおススメします。

アルバイトやパートを始めるまえには、どのくらい給与を貰えるのか、年収がどれくらいになるのかを計算すると、働き始めてから予定が狂うということがありません。

タイトルとURLをコピーしました