20代アルバイト。月収15万円生活を脱却して安定した生活を!

お金
スポンサーリンク
スポンサーリンク

現在の手取りはいくらか?

アルバイトで生計を立てている20代は少なくありませんが、手取りいくらくらい稼げると生活は安定するでしょうか。

月収15万円生活だと、物価の安い地方でもギリギリ生活できるラインです。20代一人暮らしのうちは、家庭をもつ世帯と比べれば支出が少ないとはいえ、ろくに貯金にまわすこともできません。

都内だと家賃も高く、ワンルームでも6万円くらいになりますから、生活はさらに苦しいものになりますよね。脱月収15万円生活をして安定した生活を送るために、まずは手取りの月収18万円を目指しましょう。

月収15万円生活

実際に月収15万円だとどのような生活レベルになるでしょうか。生活費の多くを占めるのが光熱費。電気代は多く見積もると月平均5,000円ほど。もちろん節約もできますが、夏冬の冷暖房などで案外かかるので、平均してこれくらいをみる必要があります。

そこにガス代、水道代がかかります。それらを合わせると、光熱費でおよそ1万円くらいです。寒い時期などはガスの消費量が増えるので、もう少し高くなることもあるでしょう。

そこに都内であれば家賃が6万円前後。今や生活必需品ともいえるスマホの利用料がおよそ10,000円。それ以外に、日用品にかかるお金や交際費、保険料などざまざまなお金が必要になります。

地方なら家賃は安くなる分、移動手段に車が必要不可欠になることも。なんだかんだとかかるお金を合計すると、13万円くらいになります。

ちなみにここに食費は含んでいないので、残りの2万円は食費という計算になり、貯金に回せるお金が残りません。やはり月収15万円生活は厳しいものです。

収入を増やすなら転職を!

ちなみに大学の新卒の場合、初任給の平均手取り額は16万円から17万円とされます。高卒だと15万から16万です。これと比べてみると20代で一生懸命アルバイトで収入を得ながら月収15万円というのは、給与が低いということがみえてきます。

ここから脱却する一番の近道は転職です。業種によっては給与が低い仕事があります。例えば、清掃業や介護の仕事などは給与の水準がほかより低い傾向があります。

そこから給与水準が高いところに転職すれば、それだけで月に3万円程度の手取りを増やすことは難しくありません。転職は若いうちのほうが有利ですし、水準が低い生活から脱却するには20代のうちに転職した方が良いです。

転職に否定的な人もいますが自分の将来のためなので、恥じる必要はありません。転職をするなら、前向きな気持ちで取り組みましょう。そうすることで周りからの印象も変わります。

タイトルとURLをコピーしました