お問い合わせ
06-6358-2969 ※関西・中部エリアはこちら
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

人材育成サービス
HumanResource Development

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 西日本事業部
  2. 人材育成サービス
  3. 人材育成のヒント
  4. コミュニケーション能力が高い人の特徴は?対人スキル向上のためのトレーニング方法

人材育成のヒント

コミュニケーション能力が高い人の特徴は?対人スキル向上のためのトレーニング方法

コミュニケーション能力はどんな仕事をする社会人にとっても重要なスキルです。しかし、近年ではコミュニケーション能力に不安を覚える社会人が増えています。例えば、「同僚とうまく人間関係を築けない」「上司に自分の考えが正しく伝わっていない」「部下のモチベーションを上げられない」などです。
役職を問わず、多くの人が日々向き合い続けているのが社内の人間関係です。そんな、コミュニケーションに頭を悩ませる方に向けて、コミュニケーションが得意な人の特徴や、能力を高めるために効果的な意識づけ・トレーニング方法をご紹介します。

仕事におけるコミュニケーション能力の重要性とは

日々、会社で仕事をするなかでもっとも重要なスキルといっても過言ではないのが「コミュニケーション能力」です。上司・部下・同僚に正しく自分の考えを伝えられる力、仕事仲間の感情を汲み取り気持ちよく仕事を進められる力、プロジェクト成功に向けて人を巻き込む力……など、コミュニケーション能力が軸となり、成果につながるものは数多くあります。

このようにコミュニケーション能力は、ビジネスシーンにおいて「組織の活性化」「社内の関係構築」「生産性の向上」など、幅広い効果を会社にもたらすといわれています。
一方で自分のコミュニケーション能力に不安を抱えている、自信がないという方が多いのも現実です。皆、一度や二度は仕事でコミュニケーションの問題に頭を抱えたご経験をお持ちなのではないでしょうか。コミュニケーションを通じて、社内で良い人間関係を築くことは、あなたの仕事力はもちろん、会社の業績アップにも繋がる可能性を秘めています。ぜひ意識してみましょう。

 

コミュニケーション能力が高い人と低い人の特徴

コミュニケーション能力が比較的高い人の特徴、比較的低い人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。人とのコミュニケーションのあり方についてチェックしてみましょう。

 

コミュニケーション能力が高い人の傾向

  1. 会話する相手に興味・関心を強くもっている
  2. 会話で考えや情報を分かりやすく伝えることができる
  3. 会話をすると相手がどんどん話をしてくれる
  4. 会話相手との一体感を感じている
  5. 会話相手を惹きつける話ができる

まず、人とコミュニケーションを円滑に行なううえで「1」の「相手に興味・関心を持つ」は外せないポイントだといえます。まずは相手に興味を持って接してみましょう。

仕事では「2」の「分かりやすく伝えることができる」も大切な点です。よく論理的に伝えることの重要性が取り上げられますが、まさに分かりやすく伝えるためには、物事を順序立てて説明できることがポイントだといえます。

「3」の「会話をすると相手がどんどん話をしてくれる」では、相手が話しやすいよう、こちらが振る話題を意識する必要があります。

また、「5」の「会話相手を引き付ける話ができる」もとても大切ですが、だからといってずっとこちらが話をしてはなりません。相手にもきちんと話を振り、会話をすることが大切です。

 

コミュニケーション能力が低い人の傾向

逆にコミュニケーション能力が低い人は以下のような傾向があります。

  1. 会話の目的や結論がいつもはっきりしない
  2. いつも自分本位な話題を展開しがちである
  3. 会話を広げることができない

 

対人スキルを向上させる!コミュニケーションのトレーニング方法

先ほどの「コミュニケーション能力が高い人の傾向、低い人の傾向」をご自身に当てはめてみて、結果はいかがでしたでしょうか?思い当たる節があったとしても落ち込むことはありません。コミュニケーション能力は改善する余地があります。

以下でご紹介するポイントをコミュニケーションの際に強く意識し、日頃からトレーニングを行なうことで改善を目指していきましょう。


 

正しいコミュニケーションの心構えを理解する

円滑なコミュニケーションは案外、心構え次第で大きく改善します。コミュニケーションは大きく「相手の話を正しく聞く」「相手に正しく伝える」「相手の気持ちに共感する」の3つに分けられます。その中でも、特に相手の気持ちに寄り添い、共感することはコミュニケーションを築くうえで非常に重要です。上記をいつも意識しながら会話に臨みましょう。


第一印象を改善しよう

人の印象は9割以上が視覚情報・聴覚情報に影響されているといいます。円滑なコミュニケーションを実現するためには、姿勢を正し、服装を整え、口角をあげてハキハキとした声で話しかけましょう。


相手のことを想い、言葉と気持ちに耳を傾ける

聞き上手になるのも心構えが重要です。どんな相手でも尊重し、大切な人だと思って話を聞きましょう。相手がテンポよく話を展開できるよう、リズムを意識して相槌をうつことも効果的です。


「報・連・相」を正しく徹底して行なう

ビジネスシーンにおいて「報告・連絡・相談」を正しく行うには、自分の業務の流れを先読みすることが重要です。常に先読みすることで、前もって状況を報告することができます。また、説明するときは「結論」→「理由」の順に説明するようにしましょう。

 

まとめ

その度合いに違いはあれども、多くの社会人が仕事場でコミュニケーションの悩みを抱えています。ここでご紹介した意識づけ・トレーニング方法は、あくまで一例ではありますが、日頃から自信をもってコミュニケーションを行ない、「相手を理解したい」「相手に伝えたい」「相手と仲良くなりたい」という気持ちをもっていることが改善への近道かもしれません。

 

 

メルマガ登録

皆様が育成を考える際のヒントになるような情報をお届けしております。
ご興味ある方は以下よりご登録ください。

登録フォーム

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

CONTACT

お問い合わせ

関西・東海・北陸・四国エリア

06-6358-2969

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

九州・中国エリア

092-433-2580

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.