お問い合わせ
06-6358-2969
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

新着情報

年間アーカイブ

【セミナー開催終了】働き方改革無料セミナー ~今回は避けたい! コトバだけの「働き方改革」~

2017.07.19

先日、働き方改革をテーマに無料セミナーを開催しました。

昨今のトレンドキーワードであったためか、申し込み開始からすぐに満席となる大盛況で終えることができました。

  • 日時 平成29年6月12日(月)
  • 場所 NTT西日本研修センタ

会場がほぼ満員に

会場がほぼ満員に

セミナーの内容について

今回は働き方改革につながる3つのテーマでセミナーを行い、最後に弊社の取組みについて報告をいたしました。


第一部:「ストレスに強い社員を作る!」
菊田 卓講師

近くの席の方とのディスカッションも交えて


第一部:「ストレスに強い社員を作る!」
菊田 卓講師


近くの席の方とのディスカッションも交えて

先ず第一部は、社員のストレスをどのように管理していくかの観点から、「ストレスに強い社員を作る」について講演を行いました。

登壇いただいたアドバンテッジ社は、日本で初めてストレスチェックを取り入れた、国内トップシェアを誇る、唯一の上場企業です。

講演では、合間にミニワークをはさんで、ストレスとはどのようなものか、ストレスマネジメントの重要性、健康経営について触れ、特に新入社員、若手社員のメンタルヘルスの現状を解説しました。

新入社員については、入社後の今の時期にストレスによるメンタルヘルスダウンの問題が起こりやすいため、ストレスマネジメント力向上研修等を受講し、休職、離職を未然に防ぐ施策として取り組む必要があります。
このようなテーマで課題をお持ちであればご相談ください。

第二部では、管理職からの目線で働き方改革を変えれば、部下の働き方が変わる点について講演しました。

管理職が本来果たすべき役割に気づき、部下、組織の働き方を変えて、生産性向上につなげなければならない事や、そもそも「課長が帰らないと部下も帰れませんよ~」からの卒業、という点について紹介をしました。

部下にここまで決めていいという権限を決め、ある程度は部下に任せ、責任を明確にすることがホンモノの管理職としての働き方改革ではないでしょうか。


第二部:「管理職が働き方を変えれば部下の働き方も変わる!」
三村 宗充講師

第三部:「働き方改革の具体的実践事例と失敗しないためのコツ」
吉山 勇樹講師


第二部:「管理職が働き方を変えれば部下の働き方も変わる!」
三村 宗充講師


第三部:「働き方改革の具体的実践事例と失敗しないためのコツ」
吉山 勇樹講師

最後の第三部では、失敗事例から学ぶ具体的な実践事例について説明をしました。

よく間違われるのが働き方改革 = 残業時間の削減 です。
残業時間が減ることは結果であり改革する点ではないということです。

先ずは、会社の現状把握を行い何が問題でどのような課題があるかを洗い出し働き方改革を実行しなければいけない点を解説しました。

例えば、残業する事が目的なっていませんかという点です。これは定時に退社することができてもそこからの時間を有意義に活用しなければ意味がなく、いわゆるワークライフバランスが重要だということです。
ワークライフバランスによる生活の質を向上しないと、働き方改革の施策も実は失敗しているかもしれません。

第一部から三部を通して「社員のマネジメント」、「管理者の役割」、「具体的な実践例」についてお話をさせて頂きました。

働き方改革といっても多くの切り口があり、問題もたくさんあります。どれから手を付けていいかわからない状態でも、ベストな手段を一緒に考えてご提案させていただきますので、是非お問い合わせください。

アンケート結果

今回のセミナーについて、受講者にアンケートを行ったところ、講演内容について、「大変満足」「満足」と回答したのが全体の90%と、大変好評をいただきました。一つのテーマについて複数の面からアプローチした複数セッション型であること、客観的なデータや実例を挙げた内容であったことが評価された結果となりました。

また、社内での働き方改革についてのアンケートでは、「労働時間の短縮」「仕事の進め方の見直し」といった施策を実施している会社が多い結果となりました。実施していない企業は少なく、どちらの企業でも何らかの働き方改革を行っていることが分かりました。



現在取り組んでいる「働き方改革」について教えてください。(抜粋)

  • 会議や報連相など効率的に実施するガイドを作成している。仕事のムダの洗い出し
  • 定時退場日の設定
  • 年休取得推進や残業削減
  • 休日振替制度(土日の休日を、同一週内の平日に振り替える)
  • 在宅勤務等
  • 会議時間、資料のダイエット、スタンディングミーティングの環境整備、ファイル検索高速化などの業務効率化

全体をとおしてご意見をお聞かせ下さい。(抜粋)

  • 充実した内容が、コンパクトにまとめられていて良かったです。
  • 非常に参考になった。客観的データに裏付けされた事実がなかなかないため。
  • 働き方改革の実例など今後の業務の参考になりました。ありがとうございました。
  • 一つの大テーマを複数の切り口でのセッション(セミナー)で構成していただいたのは、とても良かったです。ありがとうございました。

今後も、企業の経営課題をテーマとしたトレンドのセミナーを開催していきますので、是非ご参加ください。

セミナー参加へのお礼として「働き方改革を促進」するためのグッズ、題して優先順位管理マトリクス付箋をお配りしました。
生産性向上、効率的な仕事をするためには、常に物事の優先度、緊急度を意識する必要があります。
その仕分けをうまく可視化するため便利な付箋を作成しました。是非お使いください。

また、付箋を作成した裏話も、裏面QRコードから閲覧できます。ご覧ください。


優先順位管理マトリクス付箋

使用例:営業担当の場合


優先順位管理マトリクス付箋


使用例:営業担当の場合

カリキュラム

第一部:「ストレスに強い社員を作る!」~ストレスチェック義務化+αの施策のご紹介~
株式会社アドバンテッジ・リスクマネジメント 地域・パートナー営業部 部長 菊田 卓
(NTTラーニングシステムズ契約講師)
第二部:「管理職が働き方を変えれば部下の働き方も変わる!」~「課長が帰らないと僕たち部下も帰れませんよ~」からの卒業~
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 コンサルタント 三村 宗充
(NTTラーニングシステムズ契約講師)
第三部:「働き方改革の具体的実践事例と失敗しないためのコツ」
株式会社ハイブリッド・コンサルティング 代表取締役CEO 吉山 勇樹
(NTTラーニングシステムズ契約講師)
「働き方改革を推進するための、積極的なICT活用事例」のご紹介
NTTラーニングシステムズ株式会社
■関連記事

人材開発 > トレンド情報 > 何から手を付ける?「働き方改革」

人材開発 > トレンド情報 > 働き方改革のキーマンは・・・

お問い合わせ

様々な企業の人材開発をサポートしてきたノウハウをもとに御社の成長をサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 西日本事業部
  2. 新着情報
  3. 【セミナー開催終了】働き方改革無料セミナー ~今回は避けたい! コトバだけの「働き方改革」~

CONTACT

お問い合わせ

06-6358-2969
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.

教育研修プログラム
(研修体系MAP)

階層別

・カテゴリ

アセスメント研修

・研修名

管理者昇格研修

・カテゴリ

ビジネススキル

・研修名

経営幹部研修 管理職研修(MBO:目標管理) 中堅社員(次期リーダー)研修 若手研修 新入社員研修

ビジネス共通

・カテゴリ

ビジネス基礎(コンセプチュアル)

・研修名

ロジカルシンキング研修 問題解決研修

・カテゴリ

ビジネス基礎(ヒューマン)

・研修名

コミュニケーション研修 リーダーシップ研修 ネゴシエーション・プレゼンテーション研修

・カテゴリ

マネジメント

・研修名

組織マネジメント研修 部下指導力強化研修

・カテゴリ

経営・ビジネス開発

・研修名

経営戦略研修 技術経営(MOT)研修 ビジネス開発研修

・カテゴリ

CSR・財務

・研修名

CSRコンプライアンス 情報セキュリティ対策・個人情報保護研修 知的財産研修

・カテゴリ

採用

・研修名

採用面接官トレーニング

業務特化

・カテゴリ

営業系

・研修名

ソリューション営業力強化研修 営業同行指導 営業マネジメント研修

・カテゴリ

技術系

・研修名

プロジェクトマネジメント研修 OpenStack基礎講座 ビックデータを用いたデータ分析研修

・カテゴリ

店舗・コールセンタ系

・研修名

コンタクトセンターマネジメント 店舗活性化コンサルティング フロアマネジメント 店舗内提案力・ツール活用強化研修 クレーム応対研修 CS向上研修 覆面調査(ミステリコール・ミステリショッパー)